Just another WordPress site

犬と経済、ときどき政治

ロリポップ

ワンコ

愛犬をペットサロンへ連れて行くべきかどうか。

更新日:

Coo&Rikuから迎え入れた愛犬がもうすぐ一歳になります。
私自身、ペットをちゃんと飼うのは、ほぼ初めてで、色々と学びながら、愛犬と日々楽しく過ごしています。

ウチはヨーキーなので、定期的なトリミングは必須です。
今は、ネットが発達しているので、検索すれば沢山のサロンに出会えるのですが、ここで、最近とても気になっているニュースを取り上げたいと思います。

「わんわんハウス若松店」で犬虐待死、過去10匹以上死亡と内部告発

北九州市にあるペットサロン 「わんわんはうす 若松店」において、躾の為に預けられていた、ジャーマンシェパードが、経営者の大山田真美氏により、虐待のうえ、殺されてしまった事件。

以前には、トイプードルの首にハサミを刺して、殺したサロンが関東地方にもあありました。

犬を迎えるまでなら、悲しい事件だなと思う程度だったと思うが、実際に共に過ごしていくに連れ、言葉にし難い感情が芽生えると同時に、もし、ウチの愛犬に同じことが起きてしまったら、自分は耐えられるのか?という疑念が生まれた。

実は、私にもここまでとはいかずとも、似たような経験があります。なので、記事にしようと思い、Blogを書いている次第です。

唐突ですが、この写真は、初めてトリミングに出した後の写真です。
トリミング店に行くのも初めてで、ネットで検索して、値段が安かった事と、レビューがまぁそれなりに良かったので、連れて行きました。

電話で予約を取り、指定の時間に愛犬と共に来店。店舗には、トリマーさんが1人しかおらず、受付時には、トリミング中の犬を一旦ケージに入れてから、受付処理。

ウチの犬は、預けた傍からソッコーで狭いケージに投入されました。
その時は、知識が無かったので、そんなもんか。位にしか感じなかったです。
こちらからの要望も、夏前だったので、サッパリさせたい位しか伝えませんでした。

時間は大体3時間程かかりますと言われ、一旦帰宅する事に。
店員さんは、「トリミングが完了したら連絡します」とは言ってくれたんですが、3時間経っても、全然連絡が無いので、待ち切れずにお店に向かう事にしました。

到着すると、まだ終わっていないとの事で、店舗内の駐車場に車を停めて、待つことに。
大体30分後に、「完了しました。」と伝えに来てくれたので、会計を済ませ、愛犬と対面。

正直言葉を失いました。あれだけ可愛かったのに、こちらから事細かにオーダーしないとこうなるのか・・・・。と、どれだけ悲しい思いをした事か・・・。

帰宅後、愛犬は以前と変わらず、元気に過ごしているが、どうして自分はサロン側にしっかりとオーダーしなかったのかという後悔だけが残った、初めてのトリミング。

時間が経ち、2回目のトリミングの時期が来た。次は、店を変えて、お店にしっかりオーダーするぞ!と意気込んで、他店へと出向きました。
今回のお店は、トリミング待ちの間は、フリーゲージで、自由に過ごさせてくれる場所なので、以前の様に、狭いケージに入れられる事も無いだろうし、まぁ多少は安心してました。

しかし、事件はまたしても起きるのです。

今回も、店舗は違うと言えど、やはり3時間程度はかかるとの事で、一旦帰宅。
お店からの電話を待ちました。
店舗から、「完了しました。」との連絡を受けて、迎えに行く事に。

今回は、以前の経験から学び、しっかりとオーダーした通りになっていましたが、ちょっと顔の毛を切られ過ぎていて、可愛さが半減してました・・・・。
こればっかりは、飼い主と、サロン側の永遠の溝だと思うようにします。

カット終了後の画像です。

初めてのトリミングを思えば、随分マシになった様な気がします。
まぁ切られた毛はまた伸びるし、今回は良いか!と思っていたのですが、帰宅後の夜から、愛犬がしきりに股間周りを舐めるようになり、この間までそんな仕草はあんまりなかったなぁと思っていたのですが、あまりにその行動が多すぎるので、一度、愛犬の股間周りを確認すると、睾丸周りに傷ができていました。

とはいえ、ちょっと赤くなっている程度だったので、一日様子を見る事にしました。
翌日、愛犬の行動を見ていると、相変わらず、股間の回りを舐めまくる・・・・。
気にはなっていたので、もう一度確認すると、真っ赤っかに・・・・。

慌てて動物病院に駆け込みました。
獣医師から、「思い当たる節は何かありますか?」と聞かれ、「う~ん。特に散歩中に、トラブルがあった訳ではないしなぁ。」と言いながら、過去の行動を思い起こすと、丁度トリミングに行った日で、愛犬の行動に違いが出た事に気付きました。

トリミングに行き、帰ってきた日から、股間の回りを舐めていたので、きっと、お腹周りをカットする際に、バリカンが当たった事により、皮膚に傷が付いたのでは?という仮説を立てました。(自分の目で見た訳では無いので、こればかりは憶測の域をでませんが・・・。)

数か月後、顔の毛が伸びて来たので、顔の毛だけをカットしてもらうべく、2回目に行ったお店に、再度来店しました。
正直、またお店を変えようか迷いましたが、毎回店を変えると、愛犬にもストレスがかかるかなと思い、同じ店にしました。

来店後、前回、傷を付けて帰ってきたので、気を付けて欲しいし、もしそういう事があったのであれば、隠さずに言ってほしい旨を店舗側に伝えました。

今回は、顔だけのカットなので、40分位お待ちいただけますか?との事だったので、そのままお店で待つことにしました。

というのも、前回の事もあるし、まだトリミング慣れしていない愛犬の様子が気になったから居たという方が正解に近いと思います。

幸いに、今回のお店は、ガラス張りになっていて、トリミング中の様子が全て見える状態だったので、様子を見ていると、まぁ暴れるわ暴れるわ・・・・。

慣れてないし、怖いから凄い動くんですよね・・・・。
人間と違って、顔回りにハサミがいくから、それってかなり危険ですよね・・・・。

トリマーさんも、待たせているというプレッシャー?からか、結構力技連発・・・。

いや、待っているけどね。。。犬が嫌がっているのに、無理やりカットされているのを見てるのもなかなか辛い時間ですよ・・・。

で、個人的に人間観察が趣味ではあるので、待ち時間のお店の動き方も一緒に観察してたんですが、トリミングサロンって、やっぱり限界あるなーと思いました。

どういう所かと言うと、トリミングに専念できないって事です。

カット中、シャンプー中に、来店対応はあるし、電話対応はあるし、犬相手というよりは、人間相手の方に時間を割いている印象。
その間、ワンコ達はどうなっているかと言うと、放置です。

カット中はまぁまだ許せるとしても、シャンプー中のワンコは、放置されると寒くないの?という疑問がフツフツと沸いてきたのを今でも覚えている。

営利目的なので、どうしても人間の対応を中心にせざるを得ないのが現状だと言える。そして、当然の如く、スタッフは少ない。
利益率がどれだけあるかは分からないが、受付担当を置いている店舗ってあるの?レベルだと思う。
もし、受付担当を専任で置いている店舗を知っていると言う方が居たら、コメントで教えて欲しい位だ。

話しが逸れてしまいましたが、私の経験した店舗では、1店舗目は1人、2店舗目は2人でした。

さて、ここで、ようやく今回の本題に入れるのですが、トリミングサロンは是か非か。
もちろん相性があるので、一概にどうというつもりはない。

ただ、前述のジャーマンシェパードや、トイプードルの事件を改めて俯瞰してみると、密室で行われた事は誰にも分からないという事。犬は喋れないので、余計に、トリミングという行為においては、透明性が担保されないといけないと思う。

そして、今回、身をもって経験しましたが、【値段が安い = 危険がある】という図式は成り立つと思います。
100%ではないにしろ、限りなくそれに近いとは思います。

我が家の愛犬は、そろそrトリミングの頃合いです。これまでの経験と、ネットで出た種々の事件を踏まえて、次回は、動物病院が運営しているトリミングサロンに連れて行く事にしました。

値段はそれなりにします。しかし、命には代えられないし、何より、これから続く犬生のおいて、トリミング嫌いになってほしくないという思いから、そういう決断に至りました。

最初から、動物病院運営のサロンに行けば良かったと思います。

検索等で、このページに来てくれた方で、もしトリミングサロンどうしよう?と考えている方の助けになれば幸いです。

動物病院運営のサロンに行った感想や、感じた事は、またその時にまとめていこうと思います。

最近の愛犬の様子は、自我が芽生えてきたのがとてもよくわかり、日に日に可愛さが増すばかりです。
本当に、家族の一員だなと顔を合わせるたびに思うほどです。
ペットショップの悪評は、多分まだ続いていると思いますが、我が家の愛犬は、元気に成長中です。(*’▽’)

#Coo&Riku
#クーアンドリク
#くーりく

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ムームードメイン

お名前ドットコム

エックスサーバー

XM Trading

-ワンコ
-, ,

Copyright© 犬と経済、ときどき政治 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.