Just another WordPress site

犬と経済、ときどき政治

ロリポップ

FX

ユーロ/ドルを買うという事の意味

更新日:

通常、円とドルの為替はUSD/JPY(米ドル/円)と表記されます。

ドル→円という順番で表記されますが、この順番にも意味があります。

”米ドル/円を買う”という事は”円を売ってドルを買う”という意味合いになります。

ではユーロと米ドルの場合はどうでしょうか。

通常、これら2通貨はEUR/USD(ユーロ/米ドル)と表記されます。

ユーロ/米ドルを買うという事は、ドルを売ってユーロを買うという意味合いになります。

為替チャートは”最初”に表記された通貨の価値を表している

頭の中がこんがらがっちゃうので、これだけは覚えておきましょう。

たとえばドル円でドルの価値が上がる(円の価値が下がる)とチャートは上昇します。

これは最初に表記されているドルが円に対して価値が上がったから、チャートも上昇しているわけです。

ユーロドルであればユーロの価値が上がれば、チャートは上昇基調になります。

EUR/NZDはユーロの価値がニュージーランドドルに対して上がれば、チャートは上昇します。

USD/CADはドルの価値がカナダドルに対して上がれば、チャートは上昇します。

最初に表記されている通貨の価値を表すのがチャートなんですね。

たとえばアメリカが利上げを発表していてドルが上昇するかもしれない。

しかしながら、ユーロは依然として量的金融緩和を続ける方針。

という事態になれば、米ドルの価値は上がり、ユーロは下がる見通し。

ということは、ユーロ/米ドルはユーロを売ってドルを買うという流れになります。

これはユーロ/米ドルを”売る”ということ。

つまり上記の経済状況を元に予測すると、ユーロ/米ドルは下げ基調になる確率が高いって事になります。

ユーロの価値を表したユーロドルのチャートは下降線をたどりますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ムームードメイン

お名前ドットコム

エックスサーバー

XM Trading

-FX

Copyright© 犬と経済、ときどき政治 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.